リンク お問い合わせ
ヘッド
トップ 野球部について 現役紹介 スケジュール 試合結果 アクセス 名場面集 球場へ行こう OBについて
 
 

〜2011年〜

 
アイコン 2009年 アイコン2010年 アイコン 2012年

今秋急上昇の本格派右腕!! 村上 雄基

 2010年11月12日 秋季新人戦 決勝戦 対近畿大学
先発の一年生右腕村上(1・尽誠学園)は近大打線から11三振を奪い、秋季新人戦優秀選手賞を獲得した。村上は「近大には春に大敗していたので秋は絶対勝つという気持ちでいたが、序盤からピンチばかりで守備から勢いをつけることが出来ず結局負けてしまい悔しかった。今後はリーグ戦で活躍できるよう、練習していきたい。
」とこの試合を振り返った。
夏季オープン戦より先発を任される機会が多くなり、東京遠征では青山学院大学戦に先発した。秋季リーグ戦では全試合ベンチ入りを果たし、登板機会は少なかったもののチームの期待に応える投球をした。先週行われた平成22年度神戸新聞社杯争奪兵庫県大学野球選手権大会 対流通科学大学では先発を任され、2安打完封の好投を見せ、この大会敢闘賞を獲得した。

村上の活躍により、さらに厚みの増した関学投手陣。飛嶋(3・関西学院)、蒔野(2・名古屋)、村上の先発三本柱の誕生が楽しみだ。

村上 雄基(1・尽誠学園)
2年秋四国大会ベスト4。3年夏県大会ベスト4


今春、二塁手定位置を掴み取る!!  上宮 総

 この春、昨年のキャプテン大西浩平が抜けた二塁手を狙う、壮絶なポジション争いが行われている。その中でも頭角を現しているのが上宮だ。軽快な守備、持ち前の俊足を生かし、かつ小技の効いた走塁、打撃とチームでは誰よりも多彩な技術を持っている。
また明るい性格で、試合を、チームを盛り上げる。「日本一」の目標に向け、ひたむきに努力する姿は後輩たちを自然と引っ張っている。
ラストイヤーを迎え、やっと巡ってきたチャンスにかける思いは、誰よりも熱い。春季オープン戦も終盤に入り、残り4試合が予定されている。リーグ戦開幕の時、二塁手定位置は誰が掴み取っているのか見どころだ。

上宮 総(4・郡山)
小学2年生で野球を始め、中学から硬式野球を始めた。
 高校時代は1年秋から試合に出始め、2年秋にはレギュラーで奈良県大会優勝。

 

 

将来有望  注目の新戦力!      中島一夢/濱元大希

 今春、ベンチ入りを果たした中島一夢と濱元大希は、ルーキーらしい思い切りのよいプレーでチームを盛り上げる。
昨夏甲子園ベスト4の名門報徳学園出身の中島は、身長168cmと小柄ながらパンチ力のある打撃が持ち味で、同志社戦二試合連続代打出場し、安打を放った。風格漂うバッティングフォームは、一回生とは思えない。
同じく甲子園出場常連の今治西高校出身の濱元は、対同志社2回戦より二塁手スタメン出場を果たしている。打撃は好調で、試合経験を重ねるごとに守備にも安定感が増してきた。良い時も悪い時もとびっきりの笑顔を見せてくれる。
2人の活躍で周りも良い刺激を受け、チームの雰囲気も良くなっている。未来の関学を担う中島、濱元の活躍に今後も目が離せない。

上段:中島 一夢(1・報徳学園)
小学2年生で野球を始め、高校から硬式野球を始めた。高3夏甲子園ベスト4

下段:濱元 大希(1・今治西)
5歳でリトルに入団。高2春選抜ベスト16

 

大学日本一へ向けて@ 〜グラウンドスタッフ〜    
桜井武人/藤野貴

 2011年春、創部110年以上の伝統を誇る関西学院大学体育会硬式野球部で、新たな取り組みが始まった。四回生の桜井、藤野の提案で、新たにグラウンドスタッフという役職が誕生した。部員140名を超える野球部の中でチームのために何ができるか考えた結果だった。学生コーチでもなく、学生トレーナーでもない。もっと近くで選手を手助けし、チームの勝利のためならなんでもするのがグラウンドスタッフだ。
練習中はノッカー、バッティングピッチャー、トレーニング時のタイムキーパーなど選手をそばで支え、試合では審判やスコアラーを勤め、時にはマネージャー業もこなす。チームを第一に考え行動の出来る二人の存在は、今では必要不可欠となっている。
期待に応えることが出来ず4位に終わった今季、決意を新たに大学日本一を目指す。


上段:桜井 武人(4・関西学院)
中学時代は神戸中央シニアで外野手のベストナイン獲得。関学高時代は2年秋から三塁手レギュラー獲得。大学でも期待されるが肩を故障し選手を断念。

下段:藤野 貴(4・関西学院)
中・高と関西学院で過ごし、俊足外野手として高校時代には兵庫県ベスト4に貢献。


大学日本一へ向けてA 〜学生コーチ〜    北川 晴紀

 学生コーチ北川は、高校時代は捕手として、甲子園を夢見てひたすら練習に励んだ

。大学野球部へも捕手として入部した。何事にも真面目に取り組むが、決して目立つ

選手ではなかった。北川は2年生の春、故障のため選手としての大学野球生活を断

念。学生コーチとしてチームに貢献することを決めた。主にAチームの練習を担当して

いる。試合までの日程や選手一人一人の状態を考慮し、メニューを作成、練習の指揮

をとる。試合中は三塁ランナーコーチャーを任され、一番近くで選手に指示を送る。

北川は、野球への情熱と選手への愛情で、誰からも好かれ信頼される学生コーチ

となった。大学日本一へ向け、この夏の練習でチームのレベルアップを図る。


北川 晴紀(4・北須磨)
高2秋兵庫県ベスト16

圧倒的な打撃でチームに勝利を    松浦 大則

2011年9月9日〜11日 関西学生野球秋季リーグ戦 第二節 対関西大学 
秋季リーグ戦関学の開幕戦となった関関戦で13打数6安打の活躍を見せ、三回生の春以来二度目の首位打者獲得に向け最高のスタートをきった。一回戦では防御率今春リーグ3位の寺本成から初回に2点適時三塁打を放った。夏季オープン戦でも打率4割2分9厘と高打率を残し、守備面では本来の一塁手に加え外野手としても試合に出場するなど器用さを発揮、今節二回戦では左翼手として先発出場した。松浦は今節6安打のうち長打が3本と安定した打撃に長打力が増し、関西を代表するスラッガーへと成長を遂げた。
春季リーグ戦は初戦で怪我をし戦線を離脱し、松浦が抜けチームも波に乗れず4位に終わった。初戦を落とし巻き返しを図りたい関学、今季の優勝は松浦のバットに託した。

松浦 大則(4・金光学園)
中学時代は金光学園中学軟式野球部に所属し、中国大会準優勝。高校時代はキャプテンとして3年夏県ベスト4。

勝ちに繋がる最高のパフォーマンスを   徳山 靖 ♯28

2011年9月15日〜17日 関西学生野球秋季リーグ戦 第三節 対立命館大学 
初戦となった関関戦で勝ち点を落とし絶対に負けられない立命戦、今節一番輝いたのは徳山
だ。一回生の秋からベンチ入りを果たしこれまでは主に代打の切り札としての出場が目立った。しかし立命戦二回戦、一番中堅手としてスタメン出場を果たすと、試合を決める二点適時打を含む3打数2安打の大活躍を見せた。
練習中や試合中、徳山の声が途絶えることはない。常に先頭に立ちチームを鼓舞する。何事にも全力で取り組む姿は後輩の手本となり、部員からの信頼も厚い。
立命戦での勝利で次節へ優勝の望みを繋いだ。一戦も落とすことの出来ない戦いの中で、徳山の正確な守備、ここ一番の勝負強さ、そして声は、大きな武器となる。

徳山 靖(2・天理)
武庫川ユアーズ、尼崎北シニアを経て天理高校へ。尼北シニアでは二度の全国大会出場を果たし、ベスト4、ベスト8の成績を収める。高校時代は主将を務め、3年春夏甲子園出場。

最強打者への一歩     谷 雄太(3・大産大附) #8

 2011年10月2日〜3日 関西学生野球秋季リーグ戦 第五節 対京都大学 

1試合最多安打=6本
連続(打数)安打=10
1試合最多打点タイ=7打点
1試合最多塁打タイ=12

一回戦、谷は関西学生野球連盟の2つの新記録と2つのタイ記録を残した。秋季リーグ戦の開幕を先発メンバーとして迎えるも、序盤はチャンスを生かせずにいた。しかし立命戦3回戦での3打数3安打の活躍が谷自身、そしてチームを勢いづけた。持ち前の強肩強打を生かし、他を圧倒するプレーで関学を勝利に導いてくれるだろう。


谷 雄太(3・大産大附)
 中学時代は三原シニアに所属しポジションは外野手兼投手。2年夏神宮大会出場、3年春選抜大会出場。大阪産業大学附属高校では2年秋、3年夏共にベスト8。

opyright(c) Kwansei Gakuin Baseball Team 2007 All Rights Reserved.
当サイトは関西学院大学 硬式野球部が運営しています。サイト内の情報及び画像など許可なく無断で使用することを禁じます。