リンク お問い合わせ
ヘッド
トップ 野球部について 現役紹介 スケジュール 試合結果 アクセス 名場面集 球場へ行こう OBについて
 
 
〜2013年〜
    アイコン 2009年 アイコン 2010年 アイコン 2011年 アイコン 2012年
 
必勝祈願 @広田神社
2月2日、今年度も兵庫県西宮市の広田神社に必勝祈願に行きました。2月より練習に加わった新1回生を含め、総勢140名での参拝となりました。野球シーズンの到来まであとわずかとなり、竹内新監督、足立コーチ、伊藤新コーチと共に連覇に向けた本格的な練習が始まりました。春季キャンプ、春季オープン戦などでさらに力をつけて参ります。今年度も温かいご声援よろしくお願い致します!
   
ラストイヤーに懸ける!!   橋本 誠也 #8

右の大砲として大きな期待を背負い入学。決して大きくはない体を上手く使った、パワー溢れるバッティングが持ち味だ。主力選手としての活躍が期待された3年春、怪我でチームを離れることになった。地道なリハビリ、練習を重ね完全復活を遂げると、オープン戦でも大きな存在感を示した。打ってはチャンスに強く、守っては自慢の強肩で相手走者を釘付けにする。この春関学のヒーローになることは間違いない。
昨秋の感動を再び、そして叶えられなかった神宮出場の夢を叶えるため。
ようやく掴んだチャンスに胸を膨らませ、ラストイヤーの開幕を待つ。

橋本 誠也(4・広陵)

   
関学の勝ち頭へ!!      永島 太一 #17
 4月8日(月) 関西学生野球連盟春季リーグ戦 第一節 対立命館大学一回戦
 春季リーグ戦の開幕試合は、雨天のため2日遅れとなった。先発を任された永島は入学当初から活躍を期待され、1年春からベンチ入りを果たした。新人戦などでも実績を残してきたもののこれまでの成績はリーグ戦通算3勝。3年間にわたりエースを務めた蒔野(現東邦ガス)が抜け、投手力の強化はチーム最大の課題であった。 試合は永島、立命の桜井両投手が好投し、延長16回に及んだ。惜しくもチームは敗れたが、永島の活躍は今季を戦うための大きな収穫となった。今季、頼れる大黒柱への成長を期待したい。         

 永島 太一(4・大阪桐蔭)
   
ベストナイン獲得!!      野田 太一 #34

Bチームから今季急上昇してレギュラーに登り詰めた努力家の選手。今まではリーグ戦に出場する機会は少なく、持ち前の元気で火付け役としてチームに貢献していた。
しかし、今季は一味違った。春季オープン戦からメキメキと頭角を現し、確実に結果を残してきた。安定した守備と好調の打撃を買われ、今季からレギュラーを獲得した。彼の快進撃はこれだけに留まらず、ベストナイン賞(二塁手部門)を獲得し、関西学生野球連盟を代表する二塁手となった。    

 野田 太一(4・川西緑台)

   
今季最注目選手!!     中島 一夢


8月20日(火) 夏季オープン戦 対東京国際大学
 久しぶりのスタメン出場となるこの試合、3打数2安打2打点の活躍で怪我のブランクは感じさせなかった。
 1年春、初打席初安打でリーグ戦のデビューを飾るとその年の新人戦では優秀選手賞を獲得、1年秋のリーグ戦では初本塁打を放った。主力選手としてこれからの活躍が大いに期待されたが、2年夏に肩の手術でチームを離れた。一年間かけ、リハビリやトレーニングを行い、少しずつ練習も出来るようになった。夏季オープン戦ではBチームの試合で試合感覚を取り戻し、ようやくAチームの試合にも出られるようになった。守備面での不安はまだあるが、バッティングにおいては以前よりも確実にレベルアップしている。秋季リーグ戦での試合を決める一打に期待。

 中島 一夢(3・報徳学園)
   
期待の一回生右腕!     中内 洸太

今季、初のベンチ入りを果たした中内のデビュー戦は9月14日の関関戦だった。途中登板の中内は堂々とした投球で2回を無失点3奪三振という好投でデビューを飾った。10月21日の同志社二回戦でも5回からマウンドを託され無失点9奪三振と圧巻の投球で完璧に抑え込み、自身初勝利を挙げた。
彼の持ち味は140q台の速球と鋭いスライダーであり、中内はこの秋から戦力として期待されていた。一回生とは思えない落ち着いた投球で期待以上の活躍を見せる未来のエース候補から今後も目が離せない。          

中内 洸太(1・今治西)

秋季リーグ戦連覇達成!   宇都宮 健太
 
2013年10月16日(水)2013年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦 対関西大学三回戦
 歓喜の瞬間が昨年に引き続いて関学に訪れた。2013年度秋季リーグ戦にて2季ぶりの優勝を成し遂げた背景にはエース宇都宮健太(2・香川西)の存在が大きい。今年の春からリーグ戦で先発のマウンドに上がるようになり、今春は6勝、秋は5勝を挙げた。今季リーグ戦序盤に怪我というアクシデントがあったが驚異的な速さで復活を遂げると、第6節 立命館戦で完封勝利を挙げ、中一日という決して万全とは言えぬコンディションで臨んだ関西大学三回戦で、見事な完封勝利で関学を優勝へと導いた。
 昨年は「神宮」まであと一歩のところで悔しい思いをした。今年こそ夢の「神宮出場」を果たすため関西代表決定戦にチーム一丸となって臨む。
宇都宮 健太(2・香川西)
   
祝・明治神宮野球大会出場!!
関西学院大学体育会硬式野球部創部初となる明治神宮野球大会への出場を果たした。
昨年の秋季リーグ戦では19年ぶりの優勝を果たすも夢の神宮へあと一勝というところで涙を呑んだ。その屈辱を果たすべく今回の関西代表決定戦、第一代表決定戦で敗れたが、第二代表決定戦では昨年の覇者、大阪体育大学を相手に勝利を挙げ夢の舞台への切符を手にした。
明治神宮野球大会では延長戦の末、惜しくも敗れたものの関学硬式野球部の歴史に新たな1ページを刻んだ。
当サイトは関西学院大学 硬式野球部が運営しています。サイト内の情報及び画像など許可なく無断で使用することを禁じます。