リンク お問い合わせ
ヘッド
トップ 野球部について 現役紹介 スケジュール 試合結果 アクセス 名場面集 球場へ行こう OBについて
 
 
〜2017年〜
アイコン 2009年 アイコン 2010年 アイコン 2011年 アイコン 2012年 アイコン 2013年 アイコン 2014年 アイコン 2015年 アイコン 2016年
 
 

新チーム始動!!

秋季リーグ戦を終え、新チームが発足致しました。新体制ではチーム目標を「一戦必勝」とし、目標を達成するためのスローガンとして『本氣』を掲げております。現チームにおいては4季連続リーグ4位と、十分な結果を残すことができておりません。必ずやリーグ優勝を果たすべく主将片濱を筆頭に、先輩方が残した戦績に追いつき追い越せるよう、一年間何事にも『本氣』で取り組んで参ります。今後とも、温かいご声援の程よろしくお願い申し上げます。

 
  新幹部紹介

主将 片濱 大輝(商3・報徳学園)
主務 白須 一世(経3・関西学院)
副将 大倉 卓也(経3・智辯和歌山)
副将 森中 健太(文3・大阪桐蔭)
副将 山口 晃(社3・佐世保実業)
学生コーチ 植松 弘樹(社3・小豆島)

 
  兵庫県知事杯選手賞3名受賞

最優秀選手賞:山口 晃(社3・佐世保実業)
優秀選手賞:森中 健太(文3・大阪桐蔭)
打撃賞:大倉 卓也(経3・智辯和歌山)

 
  春季リーグ戦開幕!!

2年連続リーグ戦4位と悔しい結果に終わっている関学は、今年より就任した木内新監督の下、『本氣』をスローガンに掲げ、主将片濱(商4・報徳学園)、エースで副将の山口(社4・佐世保実業)、同じく副将の大倉(経4・智辯和歌山)、森中(文4・大阪桐蔭)を中心に、リーグ優勝、日本一を目指す。
投げては、エースの山口、神野(商3・今治西)、藤井涼(法3・九州学院)が投手陣の軸となり試合を展開する。また投手陣をリードする捕手浅尾(法4・広島観音)の強肩にも注目である。打撃面においては、俊足巧打の大倉や、好走塁が光る吉岡優(経4・龍谷大平安)、比嘉(社3・報徳学園)がチャンスを広げ、主将片濱を筆頭に、昨秋首位打者の中西雄(法4・今治西)、ベストナインに選ばれた森中が打線を牽引し、得点を重ねる。
さらに、リーグ戦初出場の選手たちの活躍にも期待がかかる。

 
  第6節 対同志社大学

 5月5日(金) 対 同志社大学一回戦 関学は初回に森中(文4・大阪桐蔭)の犠飛で1点を先制すると、3回にも2点を追加。4回には中西雄(法4・今治西)のリーグ戦初の本塁打で得点を重ねる。6回には片濱(商4・報徳学園)の適時二塁打などでさらに3点を追加し、7回までに計9得点を挙げる。打撃戦を制した関学は、同志社大学から白星を挙げた。

 5月6日(土) 対 同志社大学二回戦 昨秋勝ち点を許した同志社大学から、今季初となる勝ち点を勝ち取った。関学は初回、森中の適時二塁打で先制すると、5回には中西雄の2試合連続となる本塁打や比嘉(社3・報徳学園)、大倉(経4・智辯和歌山)、森中、片濱の連続安打で一挙3得点を挙げる。投げては先発の山口(社4・佐世保実業)が9回2失点に抑える好投を見せ、リーグ戦初勝利を挙げた。

 
  第2節 対京都大学

 4月10日(月) 対 京都大学二回戦 関学は初回、赤川(法3・広陵)が四球で出塁すると、森中(文4・大阪桐蔭)の適時打で1点を先制。5回には片山(商3・智辯和歌山)の本塁打で1点を加える。6回以降にも姫野(社3・龍谷大平安)の適時打や、相手の失策でさらに5点を追加し、投手陣を援護する。投げては、先発藤井涼(法3・九州学院)が8回1失点の好投を見せ、リーグ戦初勝利を挙げた。

 5月9日(火) 対 京都大学三回戦 関学は初回に森中の2点適時二塁打と赤川の内野安打で3点を先制すると、3回以降には片濱(商4・報徳学園)の長打などで得点を追加し、計10得点を挙げる。投げては先発の藤井涼が7回4失点の粘投を見せると、続く甲斐(人4・東筑)が2回を7人で抑える好投を見せた。先発全員安打、2桁得点で今季の勝ち点を2とした。


 
春季リーグ戦ベストナイン獲得!!

 大倉(経4・智辯和歌山)が三塁手としては初、自身二度目のベストナインを獲得(2016春季、二塁手として獲得)。大倉は3割4分8厘という高打率を残し、副将としてチームに貢献した。秋季リーグ戦での活躍にも期待がかかる。

 
  秋季リーグ戦開幕!!

〈本氣〉
今春惜しくも関関戦で勝ち点を逃し5季連続4位に終わっている関学は、主将片濱(商4・報徳学園)、副将の山口(社4・佐世保実業)、大倉(経4・智辯和歌山)、森中(文4・大阪桐蔭)を中心に、「本氣」で取り組んできた成果を今季にぶつけ、関関戦での勝ち点奪還・リーグ優勝を目指す。
投げてはエースの山口、初勝利を挙げた藤井涼(法3・九州学院)、制球力を誇る甲斐(人4・東筑)が投手陣の軸となり試合を展開する、さらに今春初登板を果たした神野(商3・今治西)、谷川(社2・関西学院)にも期待がかかる。また、強肩の捕手浅尾(法4・広島観音)、佐竹(法4・京都学園)にも注目である。打撃面においては、今春ベストナインを獲得した大倉をはじめ、俊足巧打の赤川(法3・広陵)、比嘉(社3・報徳学園)がチャンスメイクし、主軸の片濱、森中、中西雄(法4・今治西)らが得点を重ねる。そして、ラストイヤーにかける加藤啓(法4・桃山)、仙田(人4・聖隷クリストファー)らの活躍にも目が離せない。
これまでの悔しい思いを胸に、チーム一丸となって「本氣」で試合に挑む。

〈応援〉
関関戦では、大きな声でエールを送る応援団、笑顔でパフォーマンスを繰り広げるチアリーディング部、素晴らしい演奏が魅力的な吹奏楽部による一致団結した応援が必見である。応援団総部と共に、スタンドからの応援でチームの勝利を後押しする。


 
  第2節 対近畿大学

 9月9日(土)対 近畿大学一回戦 今秋リーグ戦初戦を15安打の猛攻で快勝した。関学は初回、2死から森中(文4・大阪桐蔭)の本塁打で2点を先制すると、その後も2回に3点、4回に1点と追加点を挙げ、投手陣を援護する。投げては、先発の山口(社4・佐世保実業)が近大打線を相手に1失点と好投を見せ、完投勝利を収めた。

 9月10日(日) 対 近畿大学二回戦 延長の末、春の王者に連勝し勝ち点を1とした。両チーム無得点のまま迎えた延長11回、中西恵(商3・関西学院)が中前安打で出塁すると、続く赤川(法3・広陵)の左翼線適時二塁打で先制点を挙げる。さらに、続く片濱(商4・報徳学園)が右中間へ2点本塁打を放ち、この回一挙に3点を奪った。投げては、リーグ戦初先発の甲斐(人4・東筑)がピンチを招くも味方の好守に救われ、初勝利を挙げた。


 
  第5節 対京都大学

 9月30日(土) 対 京都大学一回戦 前節では立命館大学に連敗し、絶対に落とすことのできない試合に臨んだ関学は初回、先頭の大倉(経4・智辯和歌山)がヒットで出塁すると、片山(商3・智辯和歌山)の左越え三塁打で先制。大倉はこの試合、4安打3得点で切り込み隊長の役割を果たした。
先発投手はエース山口(社4・佐世保実業)。負けられない戦いでエースの本領を発揮し、9回7奪三振の好投で京大打線を完封した。
4年ぶりのリーグ制覇へ向け、投打の主力がチームを牽引した。

 10月6日(金) 対 京都大学三回戦 前回の試合で完封負けを喫し、絶対に負けられない関学は2回、中西雄(法4・今治西)の二塁打でチャンスを作ると、浅尾(法4・広島観音)の左前適時打で先制する。4回には大倉、森中(文4・大阪桐蔭)に本塁打が飛び出し、試合を決定づけた。
投げては山口が今節二度目の完投でチームに勝ち点をもたらした。
前戦の雪辱を果たし、先発全員安打の猛攻で優勝へ望みをつなげた。


 
秋季リーグ戦 首位打者、ベストナイン獲得!!
首位打者、三塁手部門:大倉 卓也(経4・智辯和歌山)
外野手部門:中西 雄大(法4・今治西)


 
当サイトは関西学院大学 硬式野球部が運営しています。サイト内の情報及び画像など許可なく無断で使用することを禁じます。